Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

PR

本だな

感想を書いたものも書いていないものもあります

MOBILE

qrcode

Profile

Others

Search this site.

Blog

スポンサーサイト

2011.03.25 Friday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | -

    あなたに責任がある

    2011.03.25 Friday
    0
       OSHO TIMES
      関係性についてのあなたの質問

      より


      あなたに責任がある 

       私はよく他人に嫌な気分にさせられます。これをどうやって変えたらいいでしょうか?


      凡庸な心はつねに責任を他のだれかに投げつける。あなたを苦しめるのはつねに他人だ。妻があなたを苦しめ、夫があなたを苦しめ、両親があなたを苦しめ、子どもたちがあなたを苦しめ、あるいは社会の経済システム、資本主義、共産主義、ファシズム、優勢な政治イデオロギー、社会構造、それとも運命、カルマ、神……ありとあらゆるものが!

       人びとはあの手この手で責任を回避しようとする。だが、他のだれかが、Xが、Yが、Zが自分を苦しめていると言ったとたんに、あなたはそれを変えることができなくなる。なにができるだろう? 社会が変革されて共産主義の時代になり、階級のない世界になって、ようやくだれもが幸せになる。そうなるまで、それは不可能だ。貧しい社会でどうして幸せになれるだろう? 資本家に牛耳られている社会でどうして幸せになれるだろう? 官僚主義社会でどうして幸せになれるだろう? 自由を認めない社会でどうして幸せになれるだろう?

       口実、また口実、また口実――たったひとつの洞察、「私は自分に責任がある。だれも私の責任を取れない。これは絶対に完全に私の責任だ。私自身が私の今の状態をつくりだしたのだ」という洞察を避けるための口実。それがこの経文の意味だ。

       すべての非難が一箇所に集まってくる、

       それはあなたへと集まってくる。

       ひとたびこの洞察が定まったなら――


       「私は自分の人生に責任がある――すべての苦しみ、すべての痛み、私に起こったこと、起こっていることのすべて――それは私がそうなるように選択したのだ。これは私がまいた種であり、いまその結果を収穫している。私に責任がある」――ひとたびこの洞察が、あなたのなかで自然な理解になったなら、そのとき、他のすべてのことが簡単になる。そのとき人生は新たな展開を見せはじめ、新たな次元へと進みはじめる。その次元とは、転換、変革、変容だ――というのも、ひとたび自分に責任があるとわかったなら、それを落とそうと決意すれば、いつでもそれを落とすことができる、ということもわかるからだ。私がそれを落とすことをだれも止められない。

       あなたが自分の惨めさを落とすことを、惨めさを至福に変容することを、だれかが止められるだろう? だれにも止められない。あなたがたとえ監獄のなかで、鎖につながれ、閉じ込められていても、だれも「あなた」を閉じ込めることはできない。あなたの魂は依然として自由なままだ。もちろん、あなたはきわめて制約された状況のなかにいるが、その制約された状況のなかでも、あなたは歌をうたうことができる。自分の無力さに涙を流すこともできれば、歌をうたうこともできる。足を鎖をつながれていても踊ることができる。そのときには鎖の音でさえメロディを奏でるだろう。

       次の経文――あらゆる人に感謝しなさい。

       アティーシャはまったくもって科学的だ。最初に彼は言う――すべての責任を自分で取りなさい。次に彼は言う――あらゆる人に感謝しなさい。あなたの惨めさについて、あなた以外、他のだれにも責任がないとしたら――惨めさはすべて自分自身がつくりだしたものだとしたら、後にはなにが残っているだろう?

       あらゆる人に感謝しなさい。

       なぜなら、あらゆる人があなたが変容される空間をつくりだしているからだ――あなたの邪魔をしているつもりの人たちでさえ、あなたが敵だと思っている人たちでさえ。あなたの友人たち、あなたの敵たち、善い人たちも悪い人たちも、順境にあるときも、逆境にあるときも――そのすべてが一丸となって、あなたが変容されてブッダとなりうる状況をつくりだしている。あらゆる人に感謝しなさい――助けてくれた人たち、妨害をした人たち、無関心だった人たちに。あらゆる人に感謝しなさい、なぜなら、彼らは一丸となってブッダが生まれる、あなたがブッダになる状況をつくりだしているからだ

      〜もう諦めよう。

      私だって、傷ついているんだ。もう我慢できない。と

      言ってしまおうと思って、それでもそれをやめた時に

      みつけた言葉〜
      comments(3) | trackbacks(0) | - | -

      つねるのは止めなさい!

      2011.03.25 Friday
      0
         

        OSHO TIMES
        感情についてのあなたの質問より

        つねるのは止めなさい!


         自分自身に関心を持ちすぎるのは、あらゆる病気の中で最大のものだ。あなたは幸せになれないし、自分を楽しむこともできない。どうして楽しめるだろう?内側に問題が沢山あるのだ!問題、また問題、もっと問題、他には何にもない!それに解決策はないようにみえる。どうしたらいい?あなたは気が狂う。誰でも、内側では狂っているのだ。

         時には狂うことも必要だ。それで怒りが生まれる。怒りというのは一時的な狂気だ。時々漏れるままにしないと、それがいっぱいにたまって爆発して、あなたは気違いになるだろう。だが、始終それに関心を向け続けているとしたら、あなたはすでに気が違っている。

         私の観たところでは、瞑想をしたり、祈ったり、真理を探究し、探し求めている人達は、そうでない人達よりももっと神経症にかかりやすい。その理由は、彼等は自分自身のことに関心を持ちすぎていて、とても自己中心的で、始終あれこれ考えているからだ。このブロック、あのブロック、この怒り、あの悲しみ、頭痛、背中の痛み、お腹、足・・・などなど、ひっきりなしに内側へと動いているのだ。自分に決して満足しない、満足することができないのだ。というのも、身体というのはとても広大な現象であって、様々なことが進行しているからだ。

         何も起こっていなければ、彼等はそれでも心配する。なぜ何も起こっていないのか?そしてすかさず何かを作り出さなくてはならない。それが彼等の毎日の仕事、すべきことになってしまったからだ。そうでないと彼等は自分を見失う。さて、どうしたらいいだろう?何も起きていない!私に何も起こってないなんて、そんなことがあり得るだろうか?何かが起きていて初めて、彼等は自分のエゴを感じるのだ。それは憂鬱かもしれないし、悲しみ、怒り、または病気かもしれないが、何かが起きていれば満足する、自分を感じることができるのだ。

         子供達を見たことがあるだろうか?彼等は、存在しているのを感じるために、自分をつねる。その子供がまだあなたの中にいるのだ。自分が存在しているのかどうか知るために、あなたは自分をつねってみたい。勇者が死ぬのは一度だけ、臆病者は何百万回と死ぬ、と言う。それは彼等が、自分は死んでいるのがどうか、何度も何度もつねって感じているからだ。

         病気のおかげで、あなたは自分のエゴを保ち続けることができる。

         あなたは、何かが起きているのを感じる。もちろんそれは至福でもエクスタシーでもなく、悲しみなのだが、「誰も私ほど悲しんではいない」、「私ほどブロックのある人はいない」、とか、「私ほどの偏頭痛の持ち主はいない」。あなたは優越感に浸る、誰もがあなたより劣っているのだ。

         自分自身に関心を持ちすぎているなら、覚えておきなさい、あなたは達成することができない。この過大な関心があなたを閉じ込めてしまうだろう。そして道はあなたの目の前にある。あなたは目を閉じるのではなく、開かなくてはいけないのだ。


        〜ある状況に困難さと恐怖を覚えていて

        その場に参加する事をためらってるときに見つけた言葉です。

        怒り・悲しみ・恐怖。。

        そして病気というものを考えていただけにジャストなタイミング。

        自分自身に関心を持ち過ぎている私への薬に〜
        comments(0) | trackbacks(0) | - | -

        キュア

        2011.03.14 Monday
        0
          田口ランディ
          朝日新聞出版
          ¥ 714
          (2010-09-07)
          コメント:「呪わば穴二つ」がとても印象に残りました。ランディーさん、時代をキャッチしているな〜と思います。

           この小説の中に

          ある登場人物が主人公のお医者さんに、余命の告知は

          「呪わば穴二つ」ですよ。という表現をする。

          これが私はこれからの未来にとって、とても大切な事を言っているように

          思えました。昨年末に読んだ小説です。

          占いとかヒーリングとかセッションといわれる類の

          コンサルティングなどをしている人やカウンセラー、お医者さんなど

          人の心にダイレクトに働きかけるお仕事や役割をしている人。

          またそういったセッションやコンサルティングを受ける人、

          もう少し広げたらそういった人では無くても日々交わされる

          会話の中で、言葉を含めて「自分」の発し方、またそのとらえ方

          に戸惑いや、よくわからない感じ。不透明でもやがかかったような状態が

          増えてくるのではないかなと。

          一生懸命相手のことを思ったがゆえに出た言葉が

          相手を傷つけてしまったり、例えば占いでとか相談事のなかで

          それはあんまりおすすめしませんね。とさらっと言ったつもりの言葉が、

          受け止める方としては

          そうか、しちゃいけないんだ、禁止事項なんだ!のように重大視しすぎてしまったり。

          少しでも、良くしようと思ってした事に対して

          発する側と受け止める側にとまどいや迷いや思いこみがある。ような。そんな


          私は占星術を学び続けているのですが、地球から見て

          海王星という惑星が4月から行きつ戻りつしながら

          来年に向けて魚座という海王星にとって居心地のよい場所に

          入ります。魚座の海王星は情緒感のうるおいや時と空間を超えた感動の

          ようなものなどをもたらしますが、同時に人の心の弱さや溺愛、混乱

          幻惑などをあらわすこともあるためです。

          自分が何を表現しているのか・言葉・身体・エーテルレベルも含めて

          クリアにしておくと良いかもなと思いました。
          comments(0) | trackbacks(0) | - | -

          死後を生きる

          2011.01.12 Wednesday
          0
            松村 潔
            アールズ出版
            ¥ 1,575
            (2010-11-19)
            コメント:今まで?と思ってきた事がクリアになりました!

             精神世界研究家の松村先生の最新の本です

            松村先生の水晶の講座(スクライングの学校)に現在通っているため

            本の内容が講座でのお話と噛み合って

            わかりづらかった部分をこの本で補えたように思います。

            肉体の終わるまでの生き方をよりよく生きたくて

            いろいろな精神世界の勉強をはじめましたが

            この本を読んでみて自分の考え方の幅がぐーんと広がりました。

            死について考える事のある方には

            とてもおすすめです。

            comments(1) | trackbacks(0) | - | -

            きつねのおきゃくさま

            2010.09.30 Thursday
            0
              あまん きみこ
              サンリード
              ¥ 1,260
              (1984-01)
              コメント:小学校2年生の子供が音読の宿題でこの本を読みました。作者はあまんきみこさん、素晴らしい作品に感謝です。胸が熱くなります。

              ほめられてぼーっとなっちゃうきつねさん。

              最後はびっくり、、、。

              涙がいっぱい出てしまいます。

              えほんの素晴らしさ満載。

              あたたかい気持ちになりたいとき、ひっぱりだしましょう。

              自分もできたらきつねさんみたいになりたいな、と

              想いました。

              comments(13) | trackbacks(0) | - | -

              THE GREATEST 80'S

              2010.09.29 Wednesday
              0
                オムニバス,バングルス,ノーランズ,グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン,ワム!,デッド・オア・アライヴ,ネーナ,ジャーニー,ボニー・タイラー,ヨーロッパ,マイケル・ジャクソン
                Sony Music Direct
                ¥ 2,715
                (2007-04-25)
                コメント:ヒット曲のオンパレード、80年代を知らない世代にこのころのブームはこんな感じよと伝えるにはよいかもしれません。

                 

                たいてい、オムニバスアルバムは

                買って聞きはじめてちょっと後悔する。

                「マニアックなものが好み」が好みな私(ひねくれている)は

                あまりにもど真ん中が苦手なのだけれど

                ええーい、買ってしまいました。

                80年代にこれでもかというくらい耳にした曲ばかりの

                オムニバスアルバム

                ちょっと気恥ずかしくて入っている曲が書けませんが

                80年代の曲は私が元気になるスイッチなので

                お薬代わりに・・・。

                sony music
                MHCP 1298-1299

                STEREO
                ¥3360








                comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                星と人間―精神科学と天体

                2010.05.17 Monday
                0
                  ルドルフ シュタイナー
                  風濤社
                  ---
                  (2001-06)
                  コメント:とても興味深い

                   まだ読み始めたばかりだけれど

                  とても興味深い。

                  土星に対する文章が

                  とてもするっと入ってきた。

                  他の本や文献では

                  いつも土星の場所を読むと

                  かちこちになってしまっていたのだけれど

                  この本の文章は不思議な感覚。




                  comments(12) | trackbacks(0) | - | -

                  調香師の手帖

                  2010.05.12 Wednesday
                  0
                    中村 祥二
                    朝日新聞出版
                    ¥ 840
                    (2008-12-05)
                    コメント:もっと早く出会いたかった、香についての本。豊かな経験と知識が満載

                     香りについての知識が満載で

                    いままでの「?」や直感や本能で

                    (まさに)嗅ぎ分けていた香についての情報が

                    この本を読むとそうだったのか〜と

                    落ち着くところに落ち着く。

                    香の経験豊かな方のお話は

                    とても興味深い。

                    雅でとても現実的なもの=香り
                    (このあたりが私が香りにはまるところなのだけれど)

                    赤(現実性)と紫(精神性)をつなぐものの一つだと思う。

                    comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                    癒しのお香

                    2010.05.12 Wednesday
                    0
                      カーリン ブランドル,長谷川 弘江
                      産調出版
                      ¥ 1,260
                      (2004-04)
                      コメント:木や樹脂を積極的に火にくべて香を楽しむ著者の姿がウキウキと楽しそうでその様を疑似体験するかのように読んだ。感覚的に香を楽しむのに良い本

                       香りの精霊とのお付き合いの仕方!?の

                      お手本のような本。

                      感性を研ぎ澄ませて香をきくように

                      読んでみた



                      comments(1) | trackbacks(0) | - | -

                      女神記

                      2010.04.01 Thursday
                      0
                        桐野 夏生
                        角川グループパブリッシング
                        ¥ 1,470
                        (2008-11-29)
                        コメント:ずっしり・楽しめました

                         以前購入して

                        押し入れに入れっぱなしになっていたこの本を

                        読みました。

                        せつなく重くでも

                        それでも時間は進んでいく

                        業(?)のようなもの。

                        陰の美しさみたいのを

                        ひっしり、どっぷり、味わいました。

                        読み物として楽しかった。


                        comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                        (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.